在庫管理を制する者が売り上げアップ利益アップにつながる?

在庫管理を制する者が売り上げアップ利益アップにつながる?

今日もまた1つ在庫の管理と言う面において発生し得る問題点を紹介します。

通販といったようなものとか普通に商品を売ると言う場合では基本的に在庫との兼ね合いというのがどうしても出てくると思います。

その時に売れたものの在庫の管理をきちっと把握しておくことというのがとても重要になるわけです

その重要となると言う事と言うのはどういうことかと言うと仮に商品があると思って注文されたお客様が発注をされてその後在庫を調べたらものがなくてすいませんものがありませんでした申し訳ありませんって言うようなことがあった場合あなたはどう思うでしょうか?

ちゃんと在庫把握しとけよて思いません?

注文した場合に受け付けてる状態が例えばネットの通販の仕組みとかであれば余計にそういう風な意識は出てくると思います。
なぜならば注文をすると言う工程に関してもお金を払うと言う立場と言う意識がどうしてもお客様には発生するのでそのせっかく注文したのにと言う気持ちを発生させてしまうわけです。

下手をするとこの場合、クレームと言う形で会社の中に良くない口コミのコメントが残ったりと言うことも想像に難くないと思います。

そしてそういった口コミが起こるとどうなるかと言うと次に商品が買われるための成約率が下がると言う話です。

と言う事は成約率が下がると言う話になるので当然売り上げにも関わってきますし利益にも関わってくると言う話になります。

在庫管理の話なのに何故か売り上げや利益にも関わってくると言う話ですね。
ちょっと不思議な感じではありますけれどもやはり通販を行うといったことやものを売ると言う家の事と言うのは結局のところ在庫管理に始まり在庫買いに終わるといっても言い過ぎではないと言う感じです。

だからこそどういう在庫の管理システムを使うのかと言うところはとても重要になってくるって言うふうな話ですね。

おおざっぱな在庫管理システムだけであれば、例えばスプレッドシート等でも代用できるかもしれません。
ただしそれが毎日商品の注文があって毎日発送しないといけないと言うようなことがあった中に、返品と言うものもおそらく発生するはずですそうした場合に戻ってきた商品を正しく在庫としてカウントすると言うようなことも業務の中に必要になってきます。

ただしこの時に人が行うことですからやはり打ち込み間違いミスと言うようなことも起こるわけですのでそこをどのようにしてなるべくゼロにしようとするように進めていくのかと言うことが大事と言うわけですここも結局のところそのミスが起きることによって、結果的に売り上げや利益の減少に微妙につながってしまうと言うことになるわけです。

逆に言えばミスをしてしまえば売り上げが下がると言うことにつながるのが在庫管理と言うことであればミスをしないようにすると言うことを続ければ続けるほど売り上げ利益は上がっていくものと言うふうに捉えることも可能だと思います。
だからこそ大事なのは在庫の管理と言うわけですね。

と言うわけで今日はここまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。