ランニングコストとは目に見える費用だけじゃないよ

ランニングコストとは目に見える費用だけじゃないよ

ランニングコストを減らすというのがいろんなところでいろんな人が言ってあったりはしますが実は大事なのはその目に見えるランニングコストだけではなくて、すぐ目に見えないランニングコストと言うようなものが存在する。

例えばある業務を行うと言うふうにしたときに確認作業と言うものを毎回必ず二度三度と行わざるを得ないと言うような状況があったとする。

行わざるを得ないと言うようなことを言えばしょうがないだろと言う感じになり、この作業自体に何も疑問を思わない人も少なくはない。
ただしこの行わざるを得ないというのがもし改善することによって行わなくても良いと言うようなことになると言うことであれば話は変わってくると思う。

例えばその確認作業において毎回の確認時間20分15分かかるというのが仮にあったとするそれは他部署を経ることによって確認するたびにその担当の人間が席をはずしていたりと言うようなことが重なったりすればどうしてもその折り返しで確認の情報が帰ってくるまでに時間がかかったりすると言うのものが大にしてあると思う。

例えばそういうような情報を既にどこかしらで管理をしておいて入力だけはなるべく早く行うように業務フローを改善しておけばその部分に関してのところはそのルールに従ったタイミングに合わせて最新の情報見ようとすると言うことができるはずです。
そうすれば業務がそこでストップすると言うようなことが起きない。
またはその業務を並行として進めていくが担当する人のポテンシャルや性格などによっては並行して進めていくことにとてもつよい負荷を感じる人と言うのも少なくないはずである。

 

また
それによって並行するからこそ起きてしまうようなケアレスミスというのものも起きてしまう可能性はあると言えるはずです。

と言うことであればその確認作業を減らすと言う事は業務にとって大きなプラスに転じると言うことにもつながりますしそのためにかかっている人件費であったり業務が止まってしまうと言うようなコストも減らせると言う話になります。
こういった、目に見えないようなことをしっかり改善していくって言うために必要なシステムと言うものがいろいろあったりします。

 

例えばそれが人によっては在庫管理システムであったりもしますし、

人によっては業務フローの確認のためのシステムだったりすることもあるわけです。

 

こういったコストを意識すると言う事はただお金を払ってる分だけの項目だけを見ておいて上見えないことになります。

そして大きなコストに直接つながるわけではないけども根本的な非常に重要の部分での問題点を内包している場合もとても多くある場合がありますので、出来る限りそういう意識で物事を見るように注意をされた方が良いといえます。
ということで今日はここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。