何かをすれば、何かが変わる。変わらないのは行動量が足りないからだ

何かをすれば、何かが変わる。変わらないのは行動量が足りないからだ

すべての行動や代謝活動等は全てが会社にとってコストとなる。
この概念を理解しておかないと、人海戦術で走ろうとしたりしてしまう。

このブログでは通販サイトとして行っている会社がどういうことを行うべきなのかと言うことをその時々の事例を用意して説明していくブログです。

なので万人受けするようなたったこれだけでこんなに儲かるようになりましたと言うような話は一切言いません。

なぜならばそういった事はセンセーショナルな見出しにはなりますが実際はそれを行うために小さな小さな作業工程と言うものが存在するからです。

例えば大リーグで有名な大谷選手のような方が何か1つだけを行うことであれだけの結果を出すことができたのかと言うことを考えればわかると思います。

打者としての考え方とピッチャーとしての考え方と言うものは絶対違うはずです。

通販の会社であったとしても取り扱う商品によってその商品の特性やロスになるタイミングと言うものも変わるはずです。

またその会社がどういう風な立地でどのような条件に置いて商品を在庫しているのかそしてそれをどのようなタイミングで誰がいつどのような工程を経て発送をしているのかと言う事でも大きく話は変わってきます。
今後こういったようなことをいろいろ話していこうかなと思っておりますので気になる方は読んでいただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。